ふだん着のスコットランド 3章 1

注記:

  • 以下の文章は、大修館書店『英語教育』誌に1995年1月から途中休みもはさんで1998年まで連載したエッセイシリーズ「ふだん着のスコットランド」1996年12月号掲載回をもとに、2002年に加筆したものです。掲載されてから長年が経過しているエッセイなので、特に時事・流行などに関する内容は古くなっており、現在の状況とはかなり違っている場合もありますが、連載当時の内容そのままにしてありますのであらかじめご了承ください。
  • 時事的な話題についてはブログの「スコットランドニュース」などで随時取り上げていますので、そちらも合わせてお読みください。
  • 文中に出てくる「夫」は当時の夫で、現在の夫とは全く関係がありませんので誤解なきようお願いします。

3章 スコットランドの味

魚のサパー

ディナーがランチ?

英語と一口で言うが英語圏は広いわけで、もちろん英語も万国共通なわけではない。誰でも意味が分かる簡単な英語だと思っていたことが、地域によっては意外と一筋縄ではいかないことがある。
例えば、食事の種類というのはどうだろう。中学の英語では確かこんな風に習ったと思う。
「朝食はbreakfast、昼食はlunch、夕食は『晩餐』として食べるならdinnerで、軽食で済ませるのはsupperという。」

晩餐というほどの大袈裟なものでなく、かといって軽食でもない普通の夕食の時はどちらを使うんだろうと多少の疑問を覚えつつも、このまま飲み込んでずっと過ごしてきた。ところがスコットランドで暮らすようになってから、これはおかしいぞと思う場面に出くわし始めたのである。

例えば、夫(当時はフィアンセだったが)が電話で「じゃあ明日、ディナータイム頃に来るからね」と言う。二人で役所の手続きに行くために会う話をしているのに、夜なんかに来てどうするつもりなんだろう、いやこれは絶対おかしい。

「ディナータイムって、何時よ。」
「12時頃か、うーん、12時半には来られると思うけど。」
「それって、ランチタイムじゃないの?」
「うん、そう。」
本人は当たり前だろ、という顔をしている。

その後、働き始めてから納得したのだが、スコットランドの一般庶民の間では、昼食のことをディナーと呼ぶことが多い。ランチという言葉とは意味の区別がない。だからdinner timeは昼食の時間だし、学校給食のことは「school dinner」と言う。給食のおばさんは「dinner lady」だ。

では夕食は?

とは言え、夕食をディナーと呼ぶことがないわけではない。
夜レストランに出掛けてする食事はディナーであって、「going out for dinner」などという言い方をすることがある(もっともgoing out for a mealという言い回しの方が一般的だが)。

しかし夕食、特に家で食べる夕食は、スコットランド庶民の英語用法ではなぜか「tea」というのが最も一般的である。
Teaってお茶じゃないの、と思うのがよそ者だが、飲み物の紅茶のことは「a cup of tea」と言い、単独で「tea」という言葉が出てきたら、これはたいていの場合夕食のことである。

夫の両親宅に夜に行くと、決まって義母に”Have you had your tea?”と聞かれる。
前述のルールに気付く前には、このteaを飲み物のことと勘違いし、変な質問だなあと思いつつも”No”と答えたら、15分後にローストチキンとゆでたじゃが芋とグリーンピースをてんこ盛りにした皿が紅茶と一緒に出てきて驚く、という失敗を何度かした。
「夕食はもう食べたの?」という質問だったのだ。

辞書で引くと、dinnerという単語は「一日のうちのメインの食事で、昼または夕刻にとり、数コースからなるもの」となっている。Teaの方は「(high tea、afternoon tea)夕刻に紅茶と共にとる軽食」とある。
ははあ、ではスコットランド人は普通、昼食をディナーとして3コースしっかりとり、夕食は軽く済ませるんだなと、理論的に考えて結論を出してみるが、これもどうやら当たっていないようだ。

そもそも、昼食も夕食も同じくらいの量で、どちらも特にコースになっていないというのは、一般家庭なら当然よくある話。スコットランド庶民は要するに細かい定義など気にせず、ごく単純に「昼はdinnerで夜はtea」と割り切っているようなのである。
言葉というものはあまり理論的ではない、いい加減なものであるらしい。

一日中朝食を

そう言えば、朝食というそのものずばりの意味以外に使われないはずのbreakfastにしても、カフェ(と言っても「喫茶店」ではなく「大衆食堂」)に行くと”Breakfast served all day”という看板が出ていたりする。
一日中いつでも朝食を出していると解釈すると奇妙になってしまうが、ここではbreakfastという語は時間ではなくメニューの内容、つまり伝統的な朝食メニューである目玉焼きとベーコン、ソーセージ、焼きトマト等々の盛り合わせのことを指していると思われる。

本当はこのメニュー、朝食時間以外に食べる場合は、その名が”fry-up”に変わるはずなのだが、同じメニューなのに朝出すとbreakfastで午後に出すとfry-upなんて、看板を入れ替えるだけ面倒で非合理的、いっそ一日中breakfastで何が悪い、客がわかりゃいいんだという心理が働いているのであろう。

昼食はlunchだがdinnerでもあり、家庭の夕食はteaだが外で食べる夕食はdinnerかmeal、朝食はbreakfastだがfry-upも一日中breakfastと何だかわけの分からない結論が引き出されたところで、一つ疑問が残る。”Supper”はどこにいってしまったのか。

フィッシュ・アンド・チップスは郷土色豊か

ご安心を。せっかく中学で覚えたsupperという単語、ちゃんと用途はある。ただし、これが使われるのをスコットランドで目撃しようと思ったら、家の中にいては駄目である。手近なfish & chips屋さんに出かけよう。

イギリスの伝統的ファーストフード店であるフィッシュ・アンド・チップス(長ったらしいので略してチップショップとか、さらに略してチッピーと呼ぶことが多い)については、イギリスに関する観光ガイドブック、エッセイ本など実にいろいろなところで紹介されていて、日本人にもお馴染みだ。
名前はフィッシュ・アンド・チップスだが、魚のフライと芋のフライの他にもいろいろなものを売っている。

チッピーはマクドナルドやケンタッキーフライドチキンと違って全国均一フランチャイズチェーンではないから、メニューには地域や経営者によって微妙な違いがある。
北東イングランドを旅行したときには、どこの店でも必ずマッシーピー・フリッター(mashie pea fritter)というものがメニューに並んでいた。その名の通り、グリーンピースを裏ごししたものを衣に包んであげた、要は豆のコロッケである。

スコットランドでは、全国共通定番メニューであるブラックプディング black pudding(血を固めたソーセージ状のもの)と並んで、ホワイトプディング(white pudding)やハギス(haggis)がメニューに載っていることが多い。
ホワイトプディングはソーセージに似ているが、口あたりがねちゃっとしている。
ハギスは知る人ぞ知るスコットランドの名物料理(注:本章『スコットランド野菜大革命』参照)、羊の臓物とオートミールに香辛料をたっぷり加えて茹でたものだが、チッピーでは普通これもソーセージ形になったものに衣をつけ、あげたものが出る。

注文の作法にも地域差が

地域差はメニューに限らない。
例えば、北東イングランドのチップショップでは、店員が「包みますか、オープンにしますか」と聞く。家に持ち帰るならしっかり包み、歩きながら食べるつもりなら包みの上が開いた状態で渡してくれるのだ。
スコットランドでは何も言わずにいつもきっちり包んで渡す。

また、イングランドではアイスクリームの匙に割れ目を入れたような小さいフォークをつけてくれることが多い。これで行儀よくチップスをつっついて食べるのだろう。
スコットランドではこういうものは手づかみで食べるのが当然なので、フォークは出てこない。

もう一つの違いは注文の作法で、ここでやっと話はsupperという単語に戻る。
チップショップでは、魚だけ、チップスだけを買うこともできる(チップスだけ買う場合は「bag of chipsと言う。袋ではなくトレーや箱に入れて売っている場合、包み紙でじかにくるむ場合もなぜかbag)が、普通は魚・ソーセージ等々とチップスをセットとして買うものである。

さてイングランドの場合、セットで買うときには単に”fish and chips”とか”sausage and chips”とか”fish, chips and mashie pea fritters”と注文する。
しかしスコットランドでは、魚とチップスのセットのことを”fish supper”と言うのである。チップス抜きで魚だけ欲しい時は”single fish”と言う。
ソーセージとチップスなら”sausage supper”、ハギスとチップスなら”haggis supper”。
つまり、supperとは夕食でも軽食でもなく、「チップス付きのセットメニュー」のことなのだ。

大修館書店『英語教育』誌1995年9月号に「『フィッシュサパー』の話」の題で掲載。)

©杉本優 許可なく転載不可


TOP | 戻る | 次へ | 目次に戻る

%d bloggers like this: