Loony Dook

エディンバラと言えば世界でも有名な(んですよ)大晦日パーティーイベントの開催地。

スコットランドでは伝統的に大晦日の夜のことをホグマネー(Hogmanay)と呼び、新年の到来を盛大に祝う慣習があります。0時を迎えると同時に近所の家を訪れ合い、1年の幸運を祈って乾杯する First Footing から、エディンバラだけでなく各地の都市で開催される野外パーティまで、祝い方はさまざまですが、酒が入るのは共通項。夜通し飲んでからベッドにもぐり込み、元日は二日酔いと共に過ごす…というのが一般的なパターンです。

でも新しい年の始まりなのにそれじゃちょっと不健康だよね、ということで、手っ取り早い酔い覚まし法として始まった比較的新しい伝統行事が、この Loony Dook です。

Loonyは「頭がいかれた」、Dookは「水に浸けること」または「飛び込み」で、要は寒中水泳。エディンバラから15キロほど西にある、フォースブリッジで有名なサウス・クイーンズフェリー(South Queensferry)の岸辺から、勇ましく水中に駆け込みます。1986年にジョークとして始まったのだそうですが、チャリティ募金イベントとしても人気が出て年々参加者が増加。今ではポリッジ(お粥)のメーカーがスポンサーになり、エディンバラのホグマニーイベントの一環として開催されるようになっています。

面白いことに、私が以前住んでいたオランダのハーグにもNieuwjaarsduikという名前の類似のイベントがあって、やはり元日に、北海に面した砂浜から海に駆け込んで寒中水泳をします。歴史はこちらの方が長いようで、毎年スープのメーカーがスポンサーになり、参加者に熱いスープを振る舞っています。

オランダ版では水着でやりますが、スコットランド版はLoonyな仮装をするのが正統派で、仮装パレードで街を練り歩き、スポンサーが提供する湯気の立つポリッジでお腹を温めてから水に入ります。ちなみに参加者はチケットの事前購入必須なので、飛び込み参加はできません。

Stoats Loony Dook, 1-1-2017, South Queensferry
https://edinburghshogmanay.com/events/loony-dook

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *