Category Archives: スコットランド情報

Loony Dook

エディンバラと言えば世界でも有名な(んですよ)大晦日パーティーイベントの開催地。

スコットランドでは伝統的に大晦日の夜のことをホグマネー(Hogmanay)と呼び、新年の到来を盛大に祝う慣習があります。0時を迎えると同時に近所の家を訪れ合い、1年の幸運を祈って乾杯する First Footing から、エディンバラだけでなく各地の都市で開催される野外パーティまで、祝い方はさまざまですが、酒が入るのは共通項。夜通し飲んでからベッドにもぐり込み、元日は二日酔いと共に過ごす…というのが一般的なパターンです。

でも新しい年の始まりなのにそれじゃちょっと不健康だよね、ということで、手っ取り早い酔い覚まし法として始まった比較的新しい伝統行事が、この Loony Dook です。

Loonyは「頭がいかれた」、Dookは「水に浸けること」または「飛び込み」で、要は寒中水泳。エディンバラから15キロほど西にある、フォースブリッジで有名なサウス・クイーンズフェリー(South Queensferry)の岸辺から、勇ましく水中に駆け込みます。1986年にジョークとして始まったのだそうですが、チャリティ募金イベントとしても人気が出て年々参加者が増加。今ではポリッジ(お粥)のメーカーがスポンサーになり、エディンバラのホグマニーイベントの一環として開催されるようになっています。

面白いことに、私が以前住んでいたオランダのハーグにもNieuwjaarsduikという名前の類似のイベントがあって、やはり元日に、北海に面した砂浜から海に駆け込んで寒中水泳をします。歴史はこちらの方が長いようで、毎年スープのメーカーがスポンサーになり、参加者に熱いスープを振る舞っています。

オランダ版では水着でやりますが、スコットランド版はLoonyな仮装をするのが正統派で、仮装パレードで街を練り歩き、スポンサーが提供する湯気の立つポリッジでお腹を温めてから水に入ります。ちなみに参加者はチケットの事前購入必須なので、飛び込み参加はできません。

Stoats Loony Dook, 1-1-2017, South Queensferry
https://edinburghshogmanay.com/events/loony-dook

2015年英国総選挙結果

昨日行われたUK国会総選挙の結果ですが、とりあえず分析は置いておいて、まずはスコットランドとイングランドに分けたデータを貼っておきます(画像はBBCニュースサイトのスクリーンショット)。

スコットランド

Scotland 2015

イングランド

England

最左翼にポジションを張るSNPが全票の半数を集めて議席をほぼ総なめしたスコットランド。その一方で、議席を伸ばして単独過半数を達成した保守党と得票率を大幅に伸ばしたUKIPという右翼2政党が勝ち組となったイングランド。

全く違う2つの総選挙が戦われたのだな、という感想を抱いたのは私一人でしょうか?

 

Information & Consultancy Services

English / 日本語

I provide the following services:

  • provide information on Scotland in Japanese through my website, scotlandjoho.com, including:
    • Scotland FAQ – travel and living information and advice
    • Scotland News – what’s happening in Scotland
    • Fudangi no Scotland – what it’s like to live in Scotland
  • write about Scotland for the Japanese media, including:
    • Scotland – A Mystery and Fantasy Tour
    • Fudangi no Scotland
    • World 100 Cities: Scotland – Edinburgh & Glasgow
  • help other writers, translators, editors, TV production people, etc., by providing information about Scotland
    • Free information service. If the information is required as part of publishing/production work, I ask that my name be credited, with my website address, as acknowledgement.
    • Research services (hourly research fees apply)
    • Translation services (standard translation fees apply). Please note that copyright clearance must be obtained in order to use the translation in publication – please ask for details.
  • work with companies and organisations in Scotland who wish to promote themselves in Japan
    • Translation/interpreting services
    • Consultancy/advisory services
    • Branding services in conjunction with Brand Horizons

Contact Me

スコットランド情報コンサルタントサービス

English / 日本語

スコットランド情報ドットコムでは、スコットランド情報・文化コンサルタントサービスとして、以下のサービスを提供しています。

  • ライター、翻訳家、編集者、テレビ番組制作者等を対象に、スコットランド情報を提供。
    • 手持ち情報の無料提供サービス。
      情報を出版物、制作物、番組等で使用する場合は、取材協力者として名前及びウェブサイトアドレスの掲載をお願いしています。
    • 情報調査サービス(情報収集のため調査が必要な場合は、時間単位の調査料をいただきます)
    • 情報翻訳サービス(通常の翻訳料をいただきます)。
      なお、翻訳文を出版物等に使用するには、原文著作権者から翻訳出版権の取得が必要です。詳しくはご相談ください。
  • スコットランド企業や団体が日本でPR・マーケティング活動等をする際のサポート。
    • 翻訳・通訳サービス
    • コンサルタントサービスとアドバイス
    • Brand Horizonsと提携したブランド戦略開発サービス

詳しくはお問い合わせフォームにてご相談ください。

Highlights from a week in Scotland

(そのうち日本語でも書きます。たぶん)

I’ve just come back from a 1-week holiday in Scotland with Keith and his lovely mum Ruth. We started in Aberdeenshire, where Keith’s dad grew up and now rests (we went to the place where his ashes were scattered and checked to see how the spring bulbs that marked the spot were doing – we found one daffodil bud), and travelled the Northeast through Cairngorms and Perthshire before reaching Edinburgh. These are parts of Scotland neither Keith nor I was familiar with, and we made some great discoveries along the way. Here are some highlights:

Coynachie Guest House, Gartly near Huntly

 

This is a gem of a B&B, certainly the best I’ve ever stayed at. It’s a period house with lots of character in a wonderfully secluded spot in the countryside a short drive away from Huntly. We messed up our booking and turned up on the wrong date, but luckily Fiona, the landlady, had rooms available and we were welcomed without a fuss. Our rooms and en-suites were incredibly spacious and beautifully appointed. The attic suite consists of a spacious twin bedroom, a separate bathroom with a roll-top bath and the landing connecting them serving as a sitting area. The first-floor triple room (double+single) came with the largest shower en-suite you are likely to see in a B&B. The breakfast, which you pre-order the night before, was very good too – I loved the nutty home-made granola served with yoghurt and fruits in particular.

Dean’s Shortbread Visitor Centre, Huntly

 

Everyone knows Walkers shortbread, which you can buy pretty much anywhere in the world these days, which is a good thing as far as I’m concerned – but Walkers are not the only producer of the great Scottish shortbread, and Dean’s offerings are just as yummy. They have their factory in Huntly, and the visitor centre attached to it is well worth a visit. The well-stocked gift shop is a great place for souvenir  hunting, and the cafe serves absolutely delicious scones.

The Potting Shed Tearoom, Inshriach Nursery, Aviemore

 

You wouldn’t expect a plant nursery to have a really special tearoom, but here we are – a tearoom voted top-10 in the UK at a small nursery in the Cairngorms area specialising in alpine plants. The cakes were so wonderful we went back and had some more. Another unusual feature of this tearoom is the viewing area, a counter from which you can watch the magnificent bird-feeding station. Red squirrels also make regular appearances here alongside numerous birds.

Creag Bheag, Kingussie

One of the walks you can do from Kingussie, the capital town of Badenoch. We didn’t go all the way to the summit as the paths get a bit trickier for casual walkers, but still high enough to capture this beautiful 360-degree view of the surrounding hills. It must be a great  walk to do in the heather season.

Dull

We didn’t stop at this little Perthshire village on the road to Aberfeldy, but you’ve got to love the sense of humour.

The Watermill, Aberfeldy

This converted former watermill is now a bookshop, music shop, home interior shop, art gallery and a cafe rolled into one, making it the sort of lovely hub you wish you had in your own town.

Thistly Cross Cider

2013-05-02 17.17.33

I never liked beer until I moved to the Netherlands and used to drink cider instead. Ruth spotted this Scottish cider on the menu at Fishers in the City, Edinburgh, and we decided to try it. Now it’s my no. 1 favourite cider. Scotland is not known as a big cider-producing country, but this one, brewed at a farm near Dunbar, is absolutely wonderful – refreshing with a subtle sweetness of the fruit.

Alasdair Fraser and Natalie Haas (as part of the Edinburgh Tradfest)

We found out about this gig by chance. Alasdair Fraser is a big name in Scottish folk music, but I thought a fiddle and cello duo sounded like an odd combination – until now. I never realised how versatile cello could be in the hands of a talented musician. The programme was a mix of traditional and new, and I particularly liked the tune titled “The Referendum” – it would make a nice upbeat soundtrack to the Yes campaign.

Restaurant Mark Greenaway, Edinburgh


http://markgreenaway.com/

We watched Mark Greenaway cook in the Scottish heat of the BBC’s Great British Menu does Comic Relief and decided that we had to try his new restaurant. We are very happy that we did. With inventive dishes that feast your eyes as well as palate, I’m sure he will be joining Edinburgh’s list of Michelin-starred chefs soon.

Fiesta Latina, Teviot Debating Hall, University of Edinburgh

Okay, this is not a new discovery – Fiesta Latina has been around for years – but still a find for me in the sense that it’s much better than I remember. It’s an impressive venue (in a gothic “castle” at the heart of the university campus) with a good floor, the music (now courtesy of my old salsa friend Brian) has hugely improved, and I enjoyed the night much more than I expected.

書籍紹介・「公認ガイドが語るスコットランドこぼれ話」

2012年に出版された本ですが、紹介がちょっと遅くなりました。

スコットランドこぼれ話

スコットランドこぼれ話

スコットランドには、観光ガイド協会が公認する「ブルーバッジガイド」というプロの観光ガイドがいます。中には日本人のガイドさんもいて、スコットランドで旅行した経験のある方の中には、ブルーバッジガイドさんのお世話になった人もいるかもしれませんね。私の知人の中にも元ブルーバッジガイドの人や現役で活躍している人がいます。

日本人ブルーバッジガイドさんのうち7人がそれぞれの興味や視点からスコットランドを紹介したのがこの本です。タイトルの通り、7人それぞれがスコットランドについてこぼれ話を披露するという型式になっていて、テーマもスタイルも各人各様。スコットランド各地の紹介(南部ボーダーズから北部のオークニー諸島までいろいろ)からパブでのビールの頼み方、スコーンのレシピから「ジキル博士とハイド氏」の作者と吉田松陰との知られざる関係(私も知りませんでした)まで、たくさんの小ネタが満載です。

出版元はスコットランドの出版社なので、カバーに印刷されている価格はポンド建て。ISBNのグループコードも4(日本)ではなく1(英語圏)で、装丁も日本の本とはちょっと違う印象?日本語の本でも流通上は洋書扱いなのでしょうか。書店では入手しにくいと思いますが、日本のアマゾン等で普通に購入できます。スコットランド情報ドットコムのスコットランド本紹介のセクションにも追加しておきましたので、>>こちら<<からどうぞ。

ブログ紹介:蘇格蘭独立事情見聞録

最近Twitterでフォローいただいた方のブログを紹介します。

蘇格蘭独立事情見聞録

書いているのはエディンバラ大学で博士号取得を目指し歴史学の研究をしている方。

私はスコットランドを離れてもう4年半、たまに短期の旅行で帰る程度なので、正直現地事情にだんだん疎くなっている実感があります。

現地に住んでいる方の発信する情報ということで、今後注目していきたいと思います。

スコットランドFAQ – 7(キルトの話のツイートまとめ)

Twitterの会話でキルトの話が出ていたので乱入して延々と語りつぶやいてしまいました。ちょうどキルトについての本の企画が進行中なので、ネタメモ代わりに記録を残しておくことにしました。会話の端緒は、「スコットランド人カップルが連れ立って歩いているのを見たが、男性はキルト姿だけど女性の方は普通のスーツ姿」という話。というわけで、スコットランドFAQ・キルト編です。

51rZ-K9MZQL

========================================

キルトはスコットランドでは普通に礼服扱いだから、男性キルト、女性は普通の(でもドレッシーな)洋服って割と当たり前な感覚です。 RT @okok_o: @mogyayome スコットランド伝統衣装ではないという意味の「普通服」でした ただしくはスーツ姿(よそいき風)。
posted at 09:59:51

特に無いんです。伝統芸能だとタータンスカートはいたりドレスにタータンサッシュかけたりするけど、あとは男性キルトでも、女性はドレスコードに合わせた洋服が普通。 RT @mogyayome: @okok_o そう言えばスコットランドの女性用衣装って何も印象に残っていない気が…
posted at 10:07:36

でもヨーロッパでは特に民族衣装と呼べるものがない国が多いですよね。逆に独特の民族衣装があって今も普通にそれを着るという国の方が珍しいかも。キルトはけっこう特殊事情もあるし。 RT @mogyayome: @yunod 特にないというのは驚きでした。なんだか非対称ですね。
posted at 10:22:23

キルトの特殊事情: キルトはもともとスコットランドの民族衣装ではなくハイランドの民族衣装。しかも英国を震撼させた1745年のジャコバイト反乱後、キルトの着用は法律で禁止令された。
posted at 10:37:58

キルトの特殊事情(続き): 禁止令で唯一除外されたのが軍でのキルト着用。反乱でも示されたハイランダーの勇猛さが注目され、軍組織への取込みを図った。その際「軍ではキルト着ていいよ」が釣りになった。
posted at 10:44:32

キルトの特殊事情(続き): ハイランドが徹底弾圧を受ける中、ハイランダーとしての誇りを持って行動できる場として軍が提供された。現在のキルトはこの軍服の流れを汲んでる。
posted at 10:48:38

キルトの特殊事情(続き): 一方キルトをスコットランド全体の民族衣装に変えた立役者は作家ウォルター・スコット。UK体制下でスコットランド文化復興に熱心だったスコットは、キルト禁止令解除をきっかけに南部でのキルト普及を図った。
posted at 10:52:58

キルトの特殊事情(続き): 1822年の国王訪スコのイベント演出を担当したスコットは、なんと国王にド派手なキルトを着せ、ハイランドをイメージしたパレードをエディンバラで実行した。
posted at 11:00:09

キルトの特殊事情(続き): 国王のキルト姿は当時のメディアで散々揶揄されたものの、スコットの狙いは成功し、その後「キルトはスコットランドの民族衣装」という意識が定着していった。礼服としてのキルトの起源はこの辺りにある。
posted at 11:05:56

ちなみに「クランのタータンでキルトを作って着る」ってのはそれよりさらに後世に生まれた伝統で、布地屋がたくさんの「クランタータン」を創作したw
posted at 11:09:20

あ、ちなみに今度キルトに関する本を共著します。私はこの手の薀蓄担当w 出るのは来年になりますがよろしく〜♪
posted at 11:11:41

人気画家による肖像画→ http://bit.ly/apaIEs / 実物により忠実らしいカリカチュア→ http://bit.ly/a0MtKr RT @Ckis: うわーなんか見てみたい。かっこよさそう。RT @yunod: スコットは、なんと国王にド派手なキルトを着せ…
posted at 12:28:10

肖像画の色は実物よりかなりトーンダウンしてるらしい。おまけにピンクのタイツ履いてたらしいw RT @yunod: 人気画家による肖像画→ http://bit.ly/apaIEs / 実物により忠実らしいカリカチュア→ http://bit.ly/a0MtKr RT @Ckis
posted at 12:31:10

「英国」と「イギリス」

オリンピックとスコットランド」の最後に「スコットランド人か英国人か?」というアンケートの統計について書きましたが、これ、英語の原文では “Scottish or British?” です。決して “Scottish or English?” ではありません。

私は日本語で自分のことを説明するときにはふつう「イギリスから引っ越してきた」と言います。これは、「スコットランドから来た」と言ってもその「スコットランド」がどこだか知らないという人がけっこういるため。ただ、「イギリスから」と言うと、今度は十中八九「イングランドから来た」のだと解釈されてしまうのが困りものです(「スコットランドFAQ – 1」も参照)。スコットランドに行ったことがある方やスコットランド人と話したことがある方はよく知っている通り、スコットランド人はイングランド人と間違えられると心情的にちょっとカチンときます(日本人でも海外で中国人と間違えられるとちょっとむっとしますよね)。私も「イングランドにいたんだよね」と言われると、つい「イングランドじゃなくてスコットランド!」と言い返してしまいます。

英語で言う United Kingdom/UK もしくは Britain (どちらも United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland の略)の日本語訳として一般に使われる「イギリス」と「英国」、どちらも厄介な言葉です。問題はそもそも「イギリス」という言葉の語源。正確な由来には諸説あり、ポルトガル語のInglês、あるいはオランダ語のEngelsとも言われていますが、いずれにしても英語のEnglish、つまり「イングランドの」という意味です。それが日本語ではまず「エゲレス」という表現になり、次第に訛って「イギリス」になりました。また、「英国」の方は「エゲレス」を漢字表記した「英吉利」からきているわけで、要するにどちらももともとはイングランドを指す表現ということになります。日本に初めてポルトガル人がやってきたのは1542年、オランダ船リーフデ号が漂着したのは1600年。このリーフデ号にはイングランド人のウィリアム・アダムズ(のちに三浦按針という日本名を名乗る)も乗り込んでいました。当時はまだイングランドとスコットランドは同じ島を住み分ける別々の独立王国でした。イングランド王国から来たイングランド人ウィリアム・アダムズのことを説明するのに「イングランドの」と言うのはまあ当然だったわけです。

その後1603年にイングランド王国でエリザベス一世の死によりチューダー王家が断絶し、遠縁であるスコットランド王国のスチュアート王家がイングランド王位を継いだことで、両国は同じ王を戴く「同君連合」と呼ばれる状態に入りました。しかし経済的・政治的事情から両国は1世紀後の1707年に(スコットランド国内世論の強硬な反対にもかかわらず)完全合併しました。小国であるスコットランドが国会を解散してイングランド議会に吸収されるという形での連合で、実質上はイングランドによるスコットランドの吸収でしたが、これによって「イングランド王国」「スコットランド王国」の名は共に消え、新しい国家「グレートブリテン連合王国」が誕生しました。けれどそんな事情は遠い異国のことで日本にはわからない話。ヨーロッパ各国語には「ブリテン」「連合王国」に当たる表現があって「イングランド」とはきっちり分けられているのですが、日本ではなんとなく曖昧なまま、「エゲレス」転じて「イギリス」だけが「イングランド」と「グレートブリテン連合王国」両方を指す表現として定着してしまったのでした。

政府筋などでは、こうした事情から「イギリス」は混乱を招きやすい表現なので、UK全体を指す場合には「英国」という表現を使う、という慣例が近年定着しているようで、たとえば外務省ウェブサイトの各国情勢セクションでは、「英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)」として紹介されています。また英大使館等の関連サイトでも「英国」で基本的に統一しているようです。前述のように「英国」という表現も結局は「エゲレス」「イギリス」に由来するもので、特に混乱回避の役は果たさず、結局多くの人の理解は「英国=イギリス=イングランド」にとどまっているというのが私の印象ですが、一応このブログでも便宜上UKの訳語として基本的に「英国」を使っています。

私が英語で自己紹介する場合は、”I’m from Scotland” と言い、「それどこ?」という返事が返ってきた場合には “Britain” と補足します。私は大学の卒論でスコットランド史をテーマにしたのですが、その時お世話になった恩師は「日本でもそろそろブリテンという表現を使うべきだ」というのが持論で、私も卒論では「ブリテン」を使いましたが、残念ながら史学界でも一般社会でもなかなか普及する兆しがありません。また、UKという表現もアメリカ合衆国を指すUSやUSAに比べると日本での認知度は低いようですし、その和訳である「連合王国」も、やはり一部で採用の努力があったものの定着に至らなかったようです。「ビルマ」が「ミャンマー」になった時のように、公式通達で強引に「ブリテン」または「連合王国/UK」で統一させるというようなことはできないんでしょうかね。

もっともスコットランド議会与党のSNP (Scottish National Party) が国民の説得に成功し、スコットランドが独立するという事態にでもなれば、今の連合王国という枠組みも300年ぶりに解体することになるので、そんな悩みも解決してしまうわけですが・・・。