ペンギンパレード

6月28日(木)、ダンディーの町のあちこちに突然大きなペンギンの像が出現しました。

調べてみたところ、ちょうどMaggie’s Penguin Paradeというイベントがスタートしたところでした。

ダンディーのウェストエンドにあるナインウェルズ病院に併設されているマギーズ・センター(Maggie’s Centre)というチャリティの募金イベントなのだそうてす。マギーズ・センターはがん患者にサポートを提供しているデイケアセンターで、1995年にエディンバラに設立され、現在ではスコットランドだけでなく英国各地にあります。

大きなペンギン像は全部で80体。ダンディー市内の観光のみどころを中心に、パースやセント・アンドリュースなど周辺の町にも設置されています。各ペンギン像にスポンサーがついており、それぞれ異なるアーティストがカラフルにデコレーションしています。ペンギン探しのためのマップやステッカーブックも用意されていて、スタンプラリーのように80体を回って楽しもう、という企画です。パレードが終了する9月22日には、80体のペンギンがすべてオークションにかけられ、その収益がマギーズ・センターに寄付されます。

なぜペンギン?と思うかもしれませんが、ダンディーは南極調査船ディスカバリーが建造された都市なのでコウテイペンギンとのゆかりが深く、以前から町の中にペンギン像が置かれていて、町のマスコット的な存在になっています。

夏休みの子供たちが楽しめるイベントとして企画されたものですが、観光客や住民にも人気のようです。私もスタンプラリーとまではいきませんが、新しいペンギンを探そうといつもの散歩ルートを外れて足を伸ばしたりと楽しんでいます。

また、関連教育企画として、ダンディーのすべての学校ではそれぞれハーフサイズのベイビー・ペンギンをデザイン・装飾しました。デザインの町ダンディーらしい取り組みですが、同時にペンギンの生態や自然保護について学ぶ教育パックも用意され、多面的な教育プロジェクトになりました。このベイビー・ペンギンは全部で97体あり、イベント終了後は各校に展示されるそうです。

Invasion of the baby penguins

 

ダンディーにV&Aがやって来る!

先月、ダンディーで建設中のV&Aデザイン美術館の公式オープン日が2018年9月15日に決まったことが発表されました。ロンドンのヴィクトリア・アルバート・ミュージアムが初めてロンドンの外に建設する分館で、スコットランド初のデザイン美術館となります。誘致には地元ダンディー大学やアバテイ大学も深く関わってきました。

ダンディーのウォーターフロント再開発の目玉事業として誘致計画が浮上してから10年以上、建設が始まってから早3年になるこの美術館は、隈研吾氏の斬新なデザインでも注目を集めています。

スコットランド北東部海岸の崖からインスピレーションを得たという建物の竣工に合わせ、先日隈研吾氏がダンディーを訪れました。ローカル紙に写真とともに紹介されています。

Stunning new views of V&A Dundee as main construction phase is declared complete

ウォーターフロント再開発は今も進行中ですが、建設用地を囲む板塀が一部グラフィティーアーティストのカンバスとして使われています。その板塀の前を通りかかったら、いつの間にかこんなグラフィティーが出現していました。V&Aのオープンを楽しみに待つ地元のアートコミュニティの気分が伝わってきますね。

V&Aがオープンしたら早速ここでも紹介したいと思います。

ダンディーに引っ越しました

3年間の東京滞在、4年間のオランダ(ブレダ、デン・ハーグ)滞在、3年間のロンドン滞在を経て、10年ぶりにスコットランドに戻ってきました。

当初の予定では10年前まで住んでいたエディンバラに戻るはずだったのですが、色々あってエディンバラから100キロほど北上したところにあるダンディーという小都市に住むことになりました。

というわけで、これからはこのサイトでダンディーについても紹介していきたいと思っています。

よろしくお願いします。