SNP secures first euro poll victory – ナショナリズムの形

今日のスコッツマン紙のニュースフィードより。
SNP secures first euro poll victory

最近私の周囲を見ると、今月下旬の東京都議選告示を前に、選挙運動がすでに幕を切っているようです。国政面でもいつ解散総選挙になるかもわからないということで、すでに各党は準備を進めている様子。候補者の手伝いをしているサル友などもいて、Mixi日記にも選挙関連の話が出てきたり、政治の季節という感じです。

在邦外国人である我が家は誰も選挙権がないので、まあ他人事のようにそれを眺めているのですが・・・。

一方、ヨーロッパでは欧州連合(EU)の加盟国27ヶ国で欧州議会選挙が行われました。
本来なら私にも在外投票権がある選挙なのですが、在外投票人登録が遅れたため間に合わず、投票できませんでした(泣)。登録にはすでに日本に暮らしている英国人に保証人になってもらう必要があるんですが、周囲の知人は日本人とアメリカ人ばかりで、英国人を探すのに思いのほか苦労したのです。

さて、投票しそこなったこの選挙、国によって選挙制度や選挙日として規定している日が違うため投票は数日に渡り、6月4日(木)から7日(日)にかけて、ばらばらと投票が実施されました。英国では選挙の投票は木曜日と決まっています。27ヶ国の中では真っ先に選挙を済ませたものの、開票・結果発表は全ての国で投票が終了してから。じりじり待たされての開票となりました。

多数の国でひとつの議会の選挙を行う欧州議会選挙では、各国での投票は大体においてその国の既成政党に投票し、そうした各国の政党が似たような性格の党同士でグループを形成して「欧州政党」を形成するという形になります。ふたを開けてみると、欧州全体としては中道右派グループである欧州人民民主党(European People’s Party)が267議席で第一党の地位を確保。欧州社会党が大幅に議席を減らし、代わりに右派グループ・政党が議席を伸ばし、全体として右傾化の傾向が浮き彫りになりました。

英国でも国会与党である労働党(欧州社会党グループメンバー)が衝撃の大敗北。得票率を6.9%減らして15.7%に、議席は5議席を失って13議席という結果になりました。この敗北により、ゴードン・ブラウン首相(しつこく言うけどスコットランド人)が退陣を迫られることは必至という状況です。ところが、その失った5議席が国内野党第一党で欧州議会では最初から第一党だった保守党(かつては欧州人民民主党グループだったが袂を分かち、右派新グループ結成を模索中)の懐に転がり込んだのかと思ったらそうではなく、保守党は得票1%増で27.7%、1議席増の25議席にとどまりました。残る4議席の行き先は、国内第三党で中道左派の自由民主党(日本の同名政党とは無関係。欧州自由民主同盟メンバー)が1議席、そして保守党よりさらに右寄りの英独立党(UKIP。欧州議会では反EU・EU懐疑派の独立民主グループのメンバー)に1議席、極右政党である英国民党(BNP)に2議席。UKIPはなんと得票率16.5%で国内与党である労働党を抜かして2位につけ、議席数も労働党と同数という躍進ぶり。また6.2%の票を集めたBNPは初の欧州議席獲得になりました。どちらの党も反EUが党是のひとつで、それが欧州議会で数を伸ばすという皮肉な結果。英国以外でも、欧州主要国では軒並み右派勢力が台頭しています。

この背景には、経済危機による失業者数増加と生活不安から、移民問題に対して強硬策を約束する極右ナショナリスト政党が支持を得たことがあるようです。欧州外からやってきて安い賃金で働く移民労働者のせいで欧州国民が職を失っている、だから移民排斥に力を入れるべき、という論理です。その「移民」のくくりには私も入るわけで、正直言ってちょっと怖い結果です。やっぱり早めに在外投票登録して投票すれば良かった~(たった2票で結果が左右されるわけじゃないけど、やっぱりねえ・・・。日本人の皆さんも、選挙ではちゃんと投票しましょう!)。

さて、ここまでは欧州全体と英国全体の状況だったわけですが、ではスコットランドではどうだったかというと、こちらも労働党が得票率を5.6%減らして20.8%となる大敗北。でも、英国全体では議席を増やした保守党も同じく得票を0.9%減らして16.8%に、また英国全体では第2位に躍進したUKIPもやはり得票1.5%減で5.2%。では勝ち組は?というと、これはスコットランド議会の与党であるスコットランド国民党(SNP)。得票率を9.4%増やして29.1%とし、議席数こそ前回と変わらないものの史上初めて欧州選挙で労働党を抜いて得票数第1位の地位を確保するという結果になりました。

一見するとナショナリスト政党の躍進は欧州全体の流れと一緒でしょ、とひとくくりにされてしまいそうですが、SNPはナショナリスト政党といっても政策的には中道左派政党。欧州議会でも中道左派の欧州緑の党・自由同盟に所属。スコットランドでは「労働党よりも左寄り」と目される場面も多い政党です。その政策は、「英国と袂を分かち、独立国としてEUに参加して欧州内での発言権を確保する」という親EU路線。スコットランドの政治的傾向はやはり英国全体・欧州全体とはかなり違う様相を示すという結果になりました。SNP党首でスコットランド議会首相のアレックス・サーモンドは、これで国民からお墨付きを得た格好。スコットランド独立という党是に国民過半数の支持を得られるまでにはまだまだ遠い結果ではあるものの、スコットランド議会での采配に自信を深めたことは間違いありません。

この次のスコットランド議会選挙は2011年。その頃には我が家はまだ日本にいる予定。スコットランド議会選挙はスコットランドに住んでいないと投票できないため残念ながら私は傍観するしかありませんが、この調子で行くとSNPがさらに足場を固める可能性は強そう。一方英国総選挙は2010年の予定(その前に解散する可能性もあるけど)。こちらでもスコットランドでの投票傾向がどう動くか気になるところです(こっちはうちもちゃんと在外投票できるしね♪)。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *