Susan Boyle’s dream hits the road – 夢やぶれた後

昨日のスコッツマン紙のニュースフィードより。
Susan Boyle’s dream hits the road

前回の「スコットランドニュース」を書いていてふと、「そういやここ2ヶ月ほど世界中でいちばん注目を浴びていたスコットランド関連ニュースを取り上げていなかったな」と思い出しました。と言うわけで、スーザン・ボイルです。

まあ日本でもNHKを含めマスコミに大々的に取り上げられてますので、今さら紹介するまでもありませんね。この人です。

(日本語字幕つきバージョン)

英国の民放ネットワークITVの Britain’s Got Talent というタレント発掘番組の第3シリーズに登場したスコットランド人女性。グラスゴーオーディションで見た目からは想像もつかない美しい歌声で観客を沸かせ、その様子を収録した4月11日放映の番組は1000万人の視聴者を集めました。そのビデオがYouTubeに掲載されると今度は話題は世界中に飛び火。アメリカのテレビで取り上げられるまでに至って日本でも話題となりました。

ファイナルが近づくにつれて騒ぎはますます大きくなり、ホテルでからかわれて怒鳴り合いを演じて警察が出動する羽目になるなど、彼女の周囲はぴりぴりした状況に。

そんなプレッシャーもあってか、5月30日に放送されたファイナルでは感動のオーディションと同曲を歌うもダンスグループに優勝をさらわれて第2位。決勝直後にYouTubeにアップロードされた「スーザンに1票を」と呼びかけるビデオにライバルグループへの投票用電話番号が表示されるというハプニングがあったことから、これが敗因で本来ならもっと票を集めたはずではないかとの声も上がったそうですが、結果が発表されるとスーザンは優勝グループを「いちばん良かったから勝った」と祝福。しかしその後の舞台裏や宿泊先ではパニック症状から手をつけられないほどの錯乱状態を見せて、私営精神病院で芸能人の中毒治療などでも有名な「ザ・プライオリー」に緊急入院という結果になりました。病院は「過労の治療」と説明。しかしスーザンが出生時の酸素欠乏から学習障害があり子供の頃はいじめにあっていたことなども取りざたされて、番組制作側が出場者のサポートなどをきちんと行っていないのではとの批判が高まり、政府も調査を指示するほどに。一方番組審査員のアマンダ・ホールデンは「マスコミがあることないこと書き立てて大騒ぎするからストレスに耐えられなくなっただけ」と反論。いずれにせよ数日でスーザンも落ち着き、5日の入院後退院し、スコットランドの自宅に戻りました。

「夢やぶれて」という歌で世界にその名と歌声を知られるようになったスーザン・ボイル。皮肉にも優勝の夢はその通りやぶれる結果になったものの、元気を取り戻して Britain’s Got Talentライブツアーのリハーサルに参加した、というのが今回の記事でした。それとは別にアメリカなどからも出演オファーは引きもきらず、番組審査員の一人で辣腕音楽プロデューサーとしても知られるサイモン・コーウェル(と日本では呼ばれてるようですね。実際の発音はカウェルなんだけど)がレコード契約を結びたがっているという話もあり、「エレイン・ペイジくらい有名な歌手になりたい」という夢はしっかりかないそうな様子です。

おまけ:
スコットランド訛りを聞くのが好きで・・・という人もいるようなので、スコットランドのテレビが行ったスーザンのインタビュー。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *