Tag Archives: Twitter

2015年英国議会総選挙とスコットランド(ツイートまとめ)

ご無沙汰しております。

今、英国では総選挙戦がたけなわです。で、さかんに世論調査のデータが発表されているのですが…

名称未設定

※ 最新の議席数予想についてはこちらを参照してください→ May2015 forecast

SNPは昨年の独立投票で敗北した後急激に党員が増え、投票前の5倍に膨れ上がりました。いまや全人口の2%はSNP党員。子供も含めてスコットランド人の50人に1人は党員ということになります。

4月13日には、スコットランド人の半数以上がSNPに投票するとの世論調査結果が発表されました。小選挙区制マジックの効果で、半数の票を集めれば9割の議席が獲得できてしまいます。ちなみにスコットランドの総議席数は59。

おまけ1:で、今年に入ってからメディアではさかんに「SNPの脅威が増大」「悪の親玉サモンドが数を頼んで労働党を操り英国を分裂させようとしている」と報じていたんですが、先日の7党首ディベートでは全国区でほとんど顔を知られていなかったSNP党首スタージョンが好印象を残したらしく。

おまけ2:ちなみに今は、Twitter検索欄に I wish と入力すると予測入力で I wish I could vote SNP がトップ表示されるという珍現象が起きています…。

名称未設定

9月8日深夜のツイートまとめメモ(スコットランド独立投票について)

これもメモです。

Yuno Dinnie/杉本優@yunod

そもそも1997年の「自治を与えて独立をつぶす」方針は一定成功してて、SNPが政権とっちゃったのは労働党にとっては大誤算だったけど、政権とった時点でのサモンドSNPは、「よっしゃ―次は独立だ」という感じでは全然なかった。もちろん党内の強固な独立派が突き上げてくるから(続)

posted at 11:27:40

(承前)「自治議会で政権が軌道に乗ったら自治拡大→独立ね」とは言ってたけど、そこへ「独立ってブラフだろ、やれるものなら期日切って投票やれよ」と横槍入れてきたのはキャメロン。「現状維持・自治拡大・独立」の三択投票というSNP案を蹴ってYES/NO二択を主張したのもキャメロン。(続)

posted at 11:31:26

(承前)逃げ道を封じられて渋々YESキャンペーンを始めたものの、その時点では勝つ見込みがあるとはSNPの誰も考えていなかった。と思う。ところがYESが草の根運動化して、いつの間にかじわじわと支持を増やし始めてしまった。これを「どうせ無理無理」と傍観してたのは労働党と保守党。(続)

posted at 11:35:34

  

(承前)2007年にそれやって自治政権を奪われた経験からは学ばなかったらしい。あと、こういうの→ gu.com/p/3q2ag/tw もじわっと嫌な感じ。労働党が中心で動かしてるキャンペーンなのに、お金持ちがポンと札束放ってくれるなんて保守党みたいで。というわけで(続)

posted at 12:01:03

  

(承前)第1回目のディベートではポイント取ったものの、2回目では轟沈…。ダーリングってそもそもディベートでファンを勝ち取るタイプの政治家じゃないんだよなあ。サモンドは逆にそういうの大得意だし。ダメージ受けたところでさらに…(続)

posted at 12:10:38

  

(承前)…こんなとんでもない自爆手まで打ってしまった→ gu.com/p/4x3zn/tw YES草の根は大はしゃぎ。そういう状況の中8月が過ぎ、9月第1週にまとめられたのがYouGovの調査。初めてYES/NOが僅差ながらひっくり返るという驚愕の事態に。←今ココ

posted at 12:16:39

  

個人的にはまだNOに十分勝算があると思ってますが、現在の事態を招いたのはひとえにスコットランドを(それぞれ異なる意味で)なめきっていた保守党と労働党にあるという気はするし、今頃パニクって変な手を打ったら逆効果になる可能性も大だと思うし、本気なら真面目にやってくださいよと言いたい。

posted at 12:21:33

  

以上、「もし自分が今スコットランドに住んでたらどっちに票を入れているか」という問題はとりあえず置いておいて、個人的な印象をまとめてみました。ではおやすみなさい。

9月8日会話ツイートのまとめメモ

 メモです。

スコットランドが独立した場合、労働党が深刻なダメージ受けるとか言われてますね>RT

Yuno Dinnie/杉本優@yunod

@westinghouse565 最新の全国世論調査では労働党支持がリードしていて、このまま行けば次の総選挙で労働党が政権奪回するはずだが、スコットランドの数字を除外すると保守党が勝つとのこと。大票田のスコットランドを失ったら労働党万年野党時代が到来すると言われています。

posted at 22:47:25

@westinghouse565 まあそもそも今回の独立投票実施はSNPが自治議会で比例代表制下ではあり得なかったはずの絶対多数を獲得したからであり、そうなったのは労働党が「スコットランドでは何もしなくても票が取れる」という状況に慢心して足元の地盤をケアしなかった結果なのですが。

posted at 22:50:52

これまでの二大政党制の枠組みが完全崩壊しかねないですね。。

Yuno Dinnie/杉本優@yunod

@westinghouse565 ただ、前回の総選挙で二大政党のどちらも過半数を獲得できず保守・自民連立政権という事態になったことを考えると、スコットランド問題がなくても二大政党制は崩れつつあるのかなとも思います。UKIPの勢いもすごいし、英国政治の枠組みが変動してきた感じ。

posted at 22:55:03

@westinghouse565 @yunod まあ世界的に左派政党は勝てなくなってきていますからね。

Yuno Dinnie/杉本優@yunod

@oricquen @westinghouse565 スコットランドは今も昔も左派の牙城ですけどねー。SNPが労働党を抑えてスコットランド政権を獲得したのも、「労働党よりも左」という姿勢を打ち出してきたことが最大の理由です。

posted at 17:31:32

@yunod @westinghouse565 辺境部が左派の牙城になるのは、日本で言うと北海道、沖縄のケースに近いイメージでしょうか?北海道の牙城は既に崩れていますが。

辺境部だからと言うより自治拡大を求めているから。そのため英国では(イングランドを除く3国の場合)いわゆるナショナリスト政党が左派。RT @oricquen 辺境部が左派の牙城になるのは北海道、沖縄のケースに近いイメージでしょうか?@yunod @westinghouse565

@midoriSW19 @yunod @westinghouse565 中央から独立を目指すローカルナショナリズムは、中央ナショナリズムに対峙するので左派扱いされる感じでしょうか?実際に独立したらそれがそのまま右派になる気もしますが

Yuno Dinnie/杉本優@yunod

@midoriSW19 @oricquen @westinghouse565 ナショナリズムは要因ではないと思います。スコットランドで伝統的に左派が強いのは、人口の集中しているセントラルベルトが石炭・鉄鉱・造船を主産業とする絵に描いたような重工業地帯だったことが第一の要因。(続)

posted at 18:10:56

 

@midoriSW19 @oricquen @westinghouse565 (承前)だから組合組織度が高かった。70〜80年代には炭鉱も製鉄所も造船所もバタバタ閉鎖され、サッチャー政権下ではこの地域は失業率・貧困率が全国でも突出する、産業構造転換負け組になりました。(続)

posted at 18:17:53

 

@midoriSW19 @oricquen @westinghouse565 (承前)この頃のSNPはまだタータントーリーのイメージが強く、左派政党ではありませんでした。SNPの左傾化が顕著になったのは確か1992年の選挙以降で、特にブレア労働党時代に入って加速しました。(続)

posted at 18:27:41

  

@midoriSW19 @oricquen @westinghouse565 (承前)スコットランドの労働党支持者にとってスコットランド人のスミス労働党党首は希望の星だったのですが、スミス急死後党首になったブレアは、イングランド南部の票を狙って労働党右傾化を推し進めました。(続)

posted at 18:32:17

  

@midoriSW19 @oricquen @westinghouse565 (承前)この結果、スコットランドの伝統的労働党支持基盤は期待を裏切られる形になりました。同時期にSNPではシラーズ等の左派が勢力を強め、SNPは「労働党より左」を前面に出すようになったわけです。(続)

posted at 18:37:45

  

@midoriSW19 @oricquen @westinghouse565 (承前)もうひとつの要因としては、宗教的・文化的背景も注目して良いかもしれません。スコットランド国教会は長老派系のプロテスタントで、教会離れが進む今もスコットランド人の価値観を支えています。(続)

posted at 18:42:20

  

@midoriSW19 @oricquen @westinghouse565 (承前)スコットランド人は平等志向が強く、勤勉に働くのは良いがそこから得た富をひけらかすのはよくないという感覚があり、Greed is Goodというサッチャー的価値観は受け入れがたいのです。(続)

posted at 18:51:40

  

@midoriSW19 @oricquen @westinghouse565 (承前)サッチャー政権下では、スコットランド内でも元来保守党支持だったエリアで保守党離れが進みました。行き先は自由民主党だったりSNPだったり。いずれもブレア時代には「労働党よりも左」に移行した党です。

posted at 18:54:59

  

@midoriSW19 @oricquen @westinghouse565 長々と失礼しました。北海道や沖縄との比較については、北海道や沖縄の政治事情に知識がないので何とも言えません(汗)。いずれにしても、「民族意識の高揚」的な文脈を当てはめるのはちょっとずれてるかなと。

posted at 18:58:39

2014年4月20日発表の世論調査結果(ツイートまとめ)

あとでまとめて何か書くつもりですが、とりあえずメモとしてツイートまとめておきます。

Scottish independence poll:Yes on brink of victory – The Scotsman:

 

Scottish independence poll:
最新調査結果はNo 42%、Yes 39%、DK 19%。DK除くとNo 52%、Yes 48%。今回はスコットランド在住イングランド人の回答を分けて出してるのが新しい。初めて?

 

Scottish independence poll:
イングランド人はNo 58%、Yes 28%。スコットランド人はNo 40%、Yes 42%。この結果自体がYesキャンペーンの追い風になる可能性もあるなあ。

 

Scottish independence poll::
他にも色々面白い数字が出てるな、この記事。「No回答者の10%、Yes回答者の18%は、気が変わるかもと言っている」とか「労働党投票者の24%がYesと回答」とか。

 

Scottish independence poll:
「No回答者の38%は自治の拡大を望んでいる」「No回答者の4%は、自治拡大の見込みがないならYesに転じる」というのもなかなか興味深い。両キャンペーンのこれからの舵切りに注目。

 

 より、スコットランド独立世論調査結果の推移(1) Embedded image permalink

 

 より、スコットランド独立世論調査結果の推移(2)決めていない、答えたくない等の回答を除外したYes/No限定のグラフ。 Embedded image permalink

 

まあ普通に考えれば、当日にはDKの人は大体Noを選び、心変わりした人も含めると結局Noがすんなり勝利というのがいちばんありそうなシナリオなんだけど、2007年の選挙の時にもまさかあり得ないよねーと言ってるうちにSNPが滑り込み勝利したので、どっちに転ぶかホントにわからない。

スコットランドFAQ – 7(キルトの話のツイートまとめ)

Twitterの会話でキルトの話が出ていたので乱入して延々と語りつぶやいてしまいました。ちょうどキルトについての本の企画が進行中なので、ネタメモ代わりに記録を残しておくことにしました。会話の端緒は、「スコットランド人カップルが連れ立って歩いているのを見たが、男性はキルト姿だけど女性の方は普通のスーツ姿」という話。というわけで、スコットランドFAQ・キルト編です。

51rZ-K9MZQL

========================================

キルトはスコットランドでは普通に礼服扱いだから、男性キルト、女性は普通の(でもドレッシーな)洋服って割と当たり前な感覚です。 RT @okok_o: @mogyayome スコットランド伝統衣装ではないという意味の「普通服」でした ただしくはスーツ姿(よそいき風)。
posted at 09:59:51

特に無いんです。伝統芸能だとタータンスカートはいたりドレスにタータンサッシュかけたりするけど、あとは男性キルトでも、女性はドレスコードに合わせた洋服が普通。 RT @mogyayome: @okok_o そう言えばスコットランドの女性用衣装って何も印象に残っていない気が…
posted at 10:07:36

でもヨーロッパでは特に民族衣装と呼べるものがない国が多いですよね。逆に独特の民族衣装があって今も普通にそれを着るという国の方が珍しいかも。キルトはけっこう特殊事情もあるし。 RT @mogyayome: @yunod 特にないというのは驚きでした。なんだか非対称ですね。
posted at 10:22:23

キルトの特殊事情: キルトはもともとスコットランドの民族衣装ではなくハイランドの民族衣装。しかも英国を震撼させた1745年のジャコバイト反乱後、キルトの着用は法律で禁止令された。
posted at 10:37:58

キルトの特殊事情(続き): 禁止令で唯一除外されたのが軍でのキルト着用。反乱でも示されたハイランダーの勇猛さが注目され、軍組織への取込みを図った。その際「軍ではキルト着ていいよ」が釣りになった。
posted at 10:44:32

キルトの特殊事情(続き): ハイランドが徹底弾圧を受ける中、ハイランダーとしての誇りを持って行動できる場として軍が提供された。現在のキルトはこの軍服の流れを汲んでる。
posted at 10:48:38

キルトの特殊事情(続き): 一方キルトをスコットランド全体の民族衣装に変えた立役者は作家ウォルター・スコット。UK体制下でスコットランド文化復興に熱心だったスコットは、キルト禁止令解除をきっかけに南部でのキルト普及を図った。
posted at 10:52:58

キルトの特殊事情(続き): 1822年の国王訪スコのイベント演出を担当したスコットは、なんと国王にド派手なキルトを着せ、ハイランドをイメージしたパレードをエディンバラで実行した。
posted at 11:00:09

キルトの特殊事情(続き): 国王のキルト姿は当時のメディアで散々揶揄されたものの、スコットの狙いは成功し、その後「キルトはスコットランドの民族衣装」という意識が定着していった。礼服としてのキルトの起源はこの辺りにある。
posted at 11:05:56

ちなみに「クランのタータンでキルトを作って着る」ってのはそれよりさらに後世に生まれた伝統で、布地屋がたくさんの「クランタータン」を創作したw
posted at 11:09:20

あ、ちなみに今度キルトに関する本を共著します。私はこの手の薀蓄担当w 出るのは来年になりますがよろしく〜♪
posted at 11:11:41

人気画家による肖像画→ http://bit.ly/apaIEs / 実物により忠実らしいカリカチュア→ http://bit.ly/a0MtKr RT @Ckis: うわーなんか見てみたい。かっこよさそう。RT @yunod: スコットは、なんと国王にド派手なキルトを着せ…
posted at 12:28:10

肖像画の色は実物よりかなりトーンダウンしてるらしい。おまけにピンクのタイツ履いてたらしいw RT @yunod: 人気画家による肖像画→ http://bit.ly/apaIEs / 実物により忠実らしいカリカチュア→ http://bit.ly/a0MtKr RT @Ckis
posted at 12:31:10