ダンディーにV&Aがやって来る!

先月、ダンディーで建設中のV&Aデザイン美術館の公式オープン日が2018年9月15日に決まったことが発表されました。ロンドンのヴィクトリア・アルバート・ミュージアムが初めてロンドンの外に建設する分館で、スコットランド初のデザイン美術館となります。誘致には地元ダンディー大学やアバテイ大学も深く関わってきました。

ダンディーのウォーターフロント再開発の目玉事業として誘致計画が浮上してから10年以上、建設が始まってから早3年になるこの美術館は、隈研吾氏の斬新なデザインでも注目を集めています。

スコットランド北東部海岸の崖からインスピレーションを得たという建物の竣工に合わせ、先日隈研吾氏がダンディーを訪れました。ローカル紙に写真とともに紹介されています。

Stunning new views of V&A Dundee as main construction phase is declared complete

ウォーターフロント再開発は今も進行中ですが、建設用地を囲む板塀が一部グラフィティーアーティストのカンバスとして使われています。その板塀の前を通りかかったら、いつの間にかこんなグラフィティーが出現していました。V&Aのオープンを楽しみに待つ地元のアートコミュニティの気分が伝わってきますね。

V&Aがオープンしたら早速ここでも紹介したいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.